ミトちゃんオモシロ日記
STAFF BLOG

梅雨だからこそおすすめ

ひたちなか市馬渡の住宅地の中にある
「馬渡はにわ公園」
ここは5世紀末~6世紀頃に
はにわを製作していた遺跡を整備した公園で、
平成3年に地元の住民が植栽をはじめ
今では約4000株・2万本の花しょうぶが咲く
花しょうぶ園があるんですよ

 

毎年6月中旬頃には見頃を迎えます。
梅雨で天気の悪い日は花と葉が色濃く見え
雨に濡れると趣がでていいですよ!

梅雨入りしましたね🌂

「関東甲信と東海、北陸、それに東北南部が梅雨入りしたとみられる」と
6月7日午前11時に気象庁の発表がありました。
平年より1日早く、去年より1日遅い梅雨入りだそうです。
しばらくは天気の悪い予報になっているので、
梅雨らしいジメジメが続きそうですね💧

七ツ洞公園に行ってみませんか⁉

1999年に水戸市が開設した
大小5つの池とダムと
英国法人により設計され、
英国から資材を輸入して造られた
フォーリーという装飾のためだけの建築物がある
日本では珍しい本格的な
イギリス式の自然風景式庭園が
水戸市北西部の下国井町あるんです!

 

その公園の中にある
秘密の花苑(ひみつのはなぞの)という
レンガの壁に囲まれた円形の庭園には、
約60種類180株のイングリッシュローズが
植えられており、見頃をむかえていますよ🌹
6月2日(日)までイングリッシュローズフェアを開催しています。

 

豊かな水と森に囲まれたイギリス式庭園をゆっくり散策すると、
海外に行ったような気分になりますよ。

ゴールデンウィークにおすすめ!

今年は天皇の即位の日の5月1日が国民の祝日となり
国民の祝日に関する法律で、
国民の祝日に挟まれた平日は休日にとなることから
ゴールデンウィークが
10連休になる方も多いと思います。

 

ゴールデンウィーク
茨城県内のおすすめスポットを2つ紹介します!

 

国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)
毎年GW中に見頃を迎える
約450万本のネモフィラが丘一面を青く染め、
ネモフィラ、空と海の青が溶け合う風景は、絶景!
書籍『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』や
メディアでも取り上げられ、注目のスポットです。
今年は4月24日には見頃迎えると予想されていますよ。

 

竜神峡鯉のぼりまつり(常陸太田市)
地上高100mの竜神大吊橋から眺める
新緑の大自然と大空を
約1,000匹もの鯉のぼりが泳ぎます!
期間:4月27日~5月12日

 

鯉のぼりといえば
水戸市内にもスポットがあるんです!

 

🎏水戸駅北口ペデストリアンデッキ
約150匹の鯉のぼりが泳ぎます!
期間:4月13日~5月6日

 

🎏びぜんぼり×こいのぼり
(水戸市下市 備前堀道明橋付近)
約200匹の鯉のぼりが備前堀を泳ぎます!
期間:4月20日~5月6日

桜がほぼ満開となりました!

当社前の桜並木は3月27日に開花し、
その後寒い日が続いていましたが
4月5日ほぼ満開となりましたよ😊

 

週末6日・7日は気温も高く、
天気も良いようなので
お花見日和になりそうです!

 

🌸水戸市のお花見スポット🌸
茨城県三の丸庁舎【約70本】
偕楽園【約130本】
千波公園【約70本】
桜川【約250本】
桜山(護国神社周辺)【約370本】
六地蔵寺【約40本】
大串貝塚ふれあい公園【約100本】

 

今年も千波湖半の桜と三の丸お堀の桜の
ライトアップが4月15日まで開催されています。
時間/18:00〜22:00

桜が開花しました!

3月27日に水戸で桜の開花が発表されました。
平年より6日早く、昨年より2日遅い開花です。

 

当社前の桜並木も開花しましたよ!
満開になる日が楽しみです🌸

 

夜の水戸をお散歩しませんか?

夜・梅・祭2019
第二夜が偕楽園で開催されます!

偕楽園の園内にキャンドルが灯され、
幻想的な空間が広がります。
日時/3月9日(土)18:00~21:00

 

今年は「月夜の嫁入り行列」が見晴広場で
18:00~、19:30~の2回あるそうですよ。

 

20:40~は野村花火工業さんによる花火が
夜・梅・祭のフィナーレを飾ります! 

 

また、夜・梅・祭に合わせて
千波湖「光の道プロジェクト」が開催されます!
水府提灯を先頭に
水戸駅南口ペデストリアンデッキ納豆像前を
18:30にスタートし、桜川沿いを通って、
千波湖の黄門像広場までの約3kmを歩って
「光の道」を作り出すプロジェクト。
事前申込み不要で参加も無料。
先着順でペンライトの貸し出しもあるそうです。

 

水戸駅から「光の道プロジェクト」に参加して
日頃の運動不足解消に千波湖まで歩き、
偕楽園の「夜・梅・祭」を
楽しむのはいかがでしょうか。

水戸の春はやっぱり梅です!

金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに
日本三名園のひとつに数えられる偕楽園で
第123回水戸の梅まつりが始まりますよ!

 

偕(とも)に楽しむ場にしたいと願いから
天保13年(1842年)に徳川斉昭によって造園された
偕楽園には約100品種・3,000本の梅が植えられ
梅の花が水戸に春の訪れを感じさせてくれます。

 

梅まつりの期間は2019年2月16日(土)~3月31日(日)です。


期間中は様々なイベントがあり、
梅の花も早咲き・中咲き・遅咲きとがあるので
その時その時で違った楽しみ方ができますよ!
何度か足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

2月15日(金)時点で409本(約15.46%)開花しているそうです。

 

 

NHKで気になるニュースが…
「偕楽園について、茨城県が今秋にも、県外からの観光客を対象に
入場を有料化する方針を固めたことが12日、県への取材で分かった。
県民以外の人が対象で、1人300円程度を想定している」
と報じられました。

2019年もよろしくお願いします。

当社は今年も仕事始めの日に
水戸市中心市街地の南部、宮内町の小高い丘である
吉田神社でご祈祷していただきました。

 
吉田神社は常陸国において、
(一宮)鹿島神宮、(二宮)靜神社に次ぎ
三宮に位置付けされる神社なんです。
「常陸二十八社考」などによると
日本武尊が東征の際に兵を朝日山で休ませたとされ、
この地に社殿を創建し、日本武尊を奉祀したそうです。
日本武尊の御休憩の場所は今日も三角山と称し
境内見晴台の一角を占め、
神聖な処として伝えられているとのことです。

 
最近では、
「福の音みくじ」で凶が出た方しか手に入らない、
縁起直しの”転禍為福御朱印帳”があり
この御朱印帳を求めて、
県内外から参拝者が多数の訪れるそうですよ!

2019年の始まりはどこに行きますか?

クリスマスも終わり
「もういくつねるとお正月」と
2018年も残すところあとわずかとなりました。

 
2019年初詣と初日の出
どこに行き、どこで見ようか決めてますか?

 
大洗町にある大洗磯前神社はいかがでしょうか。

 
大洗を舞台にするアニメ「ガルパン」にも登場したり、
「艦これ」の登場キャラクター那珂ちゃんの艦内神社として
アニメの聖地としても人気があります!

 
神社の本殿は県指定文化財に指定され
古くから家内安全、海上交通の守り神として信仰されています。
参拝後はガルパンで戦車が下りた
大階段を下り、大洗海岸に行くと
岩場に立つ神磯の鳥居があります。

 
関東で海の上に立つ鳥居がみられるのは
大洗だけなんですよ!
日の出に照らされた鳥居は神秘的で
パワースポットとなっていたり
近年はインスタ映えと言われ人気のスポットです!
岩場は滑りやすくなっているので、くれぐれもご注意を。

1 / 41234